アロマ(精油)について

アロマ(精油)とは

精油は植物から抽出した純粋な油です。英名は「essential oil」でカナ表記では「エッセンシャルオイル」です。

精油はべたっと残る油ではなく、空気中に自然蒸発(揮発性)してしまいます。

香りと精油に含まれる成分で使い分けます。空気中に蒸発や拡散させて香りを広げたり、キャリアオイルに数滴溶かして肌に塗るなどして使用します。

アロマアロマテラピーアロマセラピーを略しています。精油の効果を楽しむ行為を意味しています。

精油の種類と組み合わせや使い方により、ストレスの緩和、殺菌、虫除け、代替医療など幅広く活用されています。日本での医療には認められておらず、リラクゼーションとしてのアロマセラピーが中心になっています。

アロマはどのように活用するのもすべて自己責任です。女性ホルモンに影響を与えるものも多く、妊婦は使用してはいけない精油が多いですので、書籍等でしっかりと確認して活用することをおすすめします。

ネットでの情報は一面だけがクローズアップされて全体が把握されていない事も多く、誤解が生じやすいですので、このサイトも含めて数ある中の情報の1つとして、信頼の高い書籍を中心に確認してWebで足りない情報を補完することをおすすめします。

精油の品質

精油はナマモノです。揮発性のため自然に逃げていく他に、酸化しやすく劣化します。

精油は主にハーブから作られ、現地で抽出されて日本には輸入となります。

似た種類のハーブでも、精油に含まれる成分が構成が大きく異なります。同じハーブでも産地が大きく異なると成分構成も大きく異なってしまいます。

必ず精油の詳細が明記されているお店で購入しましょう。学名産地の確認は必須です。

鼻炎に人気のユーカリも、「ユーカリラジアータ」「ユーカリミスティ」「ユーカリブルーガム」「ユーカリペパーミント」「ユーカリレモン」と複数あり、それぞれ香りが異なります。

価格と品質はあまり関係しないようです。輸入品なので日本での品質管理よりも現地での抽出品質等の影響が大きくなります。そのため、同じブランドでも産地等取引先の違いにより善し悪しが変わってきます。もちろん、日本での品質管理が悪すぎると販売前に劣化しているなんて事もあるかもしれません。

あちこち試した中で香りの良さで選ぶのが良いでしょう。アロマでは自分の直感で良いなと感じたものが一番相性が良いです。価格も同様に、「高いけどイイナ」と「高すぎる」という感じかたに注意を向けてみましょう。ネガティブに感じたら長続きしません。

精油の使い方

部屋に香りを拡散させたい場合は、アロマ対応のスチーム式の加湿器、アロマランプ、アロマ対応の扇風機、などがあります。

おすすめは加湿器と小型扇風機です。電球の熱で蒸発させるアロマランプはあまり拡散してくれません。

小型扇風機には、コットンに精油を垂らしてクリップで留めるというのが私の使い方です。

手作り化粧品に使う場合は、顔には0.5~1%、身体は1~2%が目安です。

アロマの比率
  • 内容量 10ml に対して 1滴 で 0.5%、 2滴 で 1%、 4滴 で 2%
  • 内容量 20ml に対して 2滴 で 0.5%、 4滴 で 1%、 8滴 で 2%
  • 内容量 30ml に対して 3滴 で 0.5%、 6滴 で 1%、12滴 で 2%
  • 内容量 40ml に対して 4滴 で 0.5%、 8滴 で 1%、16滴 で 2%
  • 内容量 50ml に対して 5滴 で 0.5%、10滴 で 1%、20滴 で 2%

1滴の量が一般的なノズル付遮光瓶の場合です。

精油の粘度と容器の違いによって、なかなか出ない場合とボタボタいっぱい出てしまうのがあるので初めて使うときは要注意。

精油は油系であるため水には溶けません。精製水やフローラルウォーター(植物水や芳香蒸留水)に混ぜる場合はスプレーの場合は使う都度よく振って混ぜる、乳化剤を使って乳液にする、して使います。

お気に入りの精油

自分に合う精油は人それぞれ異なります。ご自分で見つけ出してください。

ティートゥリー
酸化しにくく、殺菌力のある精油です。お部屋の殺菌や、お肌の殺菌に。
お肌には原液でも使える数少ない精油です。ただし、綿棒に付けてピンポイント限定。原液では強いので健康な皮膚を痛めてしまいます。ポツポツできたときや水虫に。
安いのも魅力。
ブラックスプルース
コーチゾン様作用でアトピー向けの精油。コーチゾンは体内で作られるステロイドのもとになる物質。ステロイド軟膏のような大きな効果は無いので悪化しているときには無意味。ステロイド軟膏を使うほどではないときに。ステロイドを使わずに良い状態を長持ちさせたいときに。取り扱いのあるお店が少ないのが難点。
カモミール・ジャーマン
鉢植えでハーブも育てていますが、香りが素晴らしい。抗アレルギーとして自作化粧品に混ぜるのも良いのですがとても高価です。今はブラックスプルースを代わりに使っています。
オレンジスイート
不安が強いときは水に混ぜてスプレーすると緩和します。パニック障害などにも持ち歩くと良いとされています。
イランライン
神経を落ち着かせます。瞑想に取り組むときの香りに人気の精油です。
ユーカリ・ブルーガム
ペパーミントやティートゥリーと合わせて鼻づまりに。
ペパーミント
スゥーッとする香りが特徴。部屋の香りや入浴に。

販売店情報

【PR】Amazon:エッセンシャルオイル
一般的に流通しているブランド物の精油が販売されています。
【PR】楽天市場:ease-aroma-shop
筆者のお気に入り店。とても安く品質は悪くない。メール便対応なのでその都度購入に便利。
【PR】楽天市場:アロマとハーブのお店プリヴェイル
水溶性のエッセンシャルオイルやフランスのオーガニック認証を受けたエッセンシャルオイルが販売されています。

アンケート

Q1.評価を選んで下さい

参考になった
参考にならなかった

Q3.内容について選んで下さい

内容が充実している
内容が乏しい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

十分理解できた
なんとなく理解できた
よくわからない

感想や意見、要望などがありましたら記入して下さい。
サイト作りの参考にさせていただきます。
内容の誤りに気づきましたら、できるだけ詳細をご記入ください。

更新日:2012/04/05

訪問数

 

昨日の訪問数

RSS

RSS2.0