岩塩入浴 について

概要

岩塩には太古の海のミネラルが豊富に含まれています。人間に汚染される前の綺麗な海が地殻変動による圧力と熱によって塩の岩となったものです。

入浴に使うことで、お肌の代謝を活性化して汗と一緒に不要な老廃物を排出することで健康肌に導きます。

岩塩にはいくつか種類がありますが、基本はブラックソルトとピンクソルトです。

ブラックソルトは溶岩に熱せられて硫黄が多く含まれています。

ピンクソルトは硫黄がほとんど無く、溶けてしまうと存在が分かりません。

アトピーと岩塩入浴

アトピーは単純な乾燥だけでなく、ジュクジュクした湿疹も発生しやすいです。岩塩入浴はどちらの状態でも使うことができます。

バランスが崩れたお肌には刺激が強いので1週間ぐらいは少ない量で使うのがおすすめです。身体の状態によっては岩塩入浴はおやすみにして薬用入浴剤にしています。

○○が良い!といわれると、どんなときでも四六時中そればかりになる人がいますが、何事も片寄ることはおすすめできません。

身体を含めこの世界は絶妙なバランスで成り立っています。身体のバランスを崩さないように気をつけましょう。

岩塩入浴の感想

冬の寒い日にはブラックソルト、普段はピンクソルトを使用しています。

ブラックソルトは夏に使うと硫黄臭がキツイです。冬は温泉気分で、ピンクソルトよりも入浴後の体温が冷めにくいのが特徴です。

ピンクソルトには香り付けにアロマを加えるのがおすすめです。その場合、粉のように細かくされた岩塩が適しています。口の大きくて浅いガラス瓶に岩塩を入れて、アロマを垂らしてかき混ぜます。

ブラックソルトは不純物・・・といっても危険な成分ではなく溶けない石が多く含まれています。

ピンクソルトはそのまま湯船に入れても溶けてしまうので問題ないのですが、ブラックソルトはザラザラ細かいのが残ってしまうのでパックに入れて使うのが良いです。

岩塩は1回分は30gが目安。そこに精油6滴で1%、18滴なら3%。

入浴でのアロマは香り重視で選びます。
気分を明るくしてくれるオレンジスイートやレモン、安心するカモミールやイランイランなどお好みで。

岩塩入浴をすると、汗が出やすくなります。

アトピーでは初めは老廃物を多く含んだべたべたした汗が出てくることで悪化しやすくなりますが、それを過ぎてサラサラな汗に変わると悪化しにくくなります。

夏でも汗が出ない私でしたが、サラサラな汗に変わると、入浴以外でも自然な汗が出るようになりました。

汗がでなくて肌荒れが起こりやすい体質なら試してみて欲しい。

浸かるだけで水が濁ってくるなら体内の老廃物が流れ出てきている証拠です。

老廃物が抜けるとボツボツ湿疹も発生しにくくなります。

気温が暖かいと自然な汗が出るようになり、乾燥ザラザラになりにくくなります。

体調不良での悪化は避けられなくても、平常時の肌の状態はとても良くなります。

アトピーでは海水浴に行くと良くなる!という人がいますが、悪化する人もいます。

海水浴では紫外線の影響が大きく、海水も近場は汚れてしまっています。

岩塩入浴ならばそういった悪影響がなく、濃度も肌に合わせてとても薄く調節できるので安心です。

水分不足と高血圧の予防に、入浴前にコップ一杯の水を飲むのがおすすめ。

販売店情報

私が好んでいるのが楽天市場のラジャクイーンというお店。欲しいタイプの岩塩が輸入価格で購入することができます。

食用岩塩について

岩塩には不純物を取り除いて検査済みの食用もあります。

食用を入浴に使っても問題ありませんが、入浴用は食品には使うべきではありません。

ブラック岩塩の食品用は紫岩塩として市販されています。スープなどに硫黄の香り付けに使えます。

ピンク岩塩は不足しがちなミネラルのマグネシウムとカルシウムとカリウムと鉄分が多く含まれています。

ホワイト岩塩は普通の海の粗塩みたいなものです。採れる場所によって成分バランスはやや異なります。

岩塩は塩辛いナトリウムだけではなく他のミネラルが豊富ですので、普通の塩の代わりに使うと塩分そのものは少なく薄味になります。

味に深みがでますが、濃い味に慣れて味覚が狂っていると何も分からないようです。

アンケート

Q1.評価を選んで下さい

参考になった
参考にならなかった

Q3.内容について選んで下さい

内容が充実している
内容が乏しい

Q2.分かり易さについて選んで下さい

十分理解できた
なんとなく理解できた
よくわからない

感想や意見、要望などがありましたら記入して下さい。
サイト作りの参考にさせていただきます。
内容の誤りに気づきましたら、できるだけ詳細をご記入ください。

更新日:2012/04/05

訪問数

 

昨日の訪問数

RSS

RSS2.0